TOP > 理工書 > 詳細


   
 



1996年4月20日刊行
 
   
新・知りたい油圧/活用編

不二越ハイドロ二クスチーム
A5判/336頁/本体価格/4,200円/
ISBN4-88049-038-5

目次を見て、あなたの目的とする動作、解決したいトラブル、導入したい機器のページを開いて下さい。具体的な回路図と設計のポイントで答えをだします。



新・知りたい油圧 活用編

第1話 物を動かすということは……

-第1話の1 物を美しく動かすには
 物を動かすいろいろな条件……………………………16

-第1話の2 負荷の種類とアクチュエータの選定 
 負荷のかかりかたと回路構成の関係…………………31


第2話 物を回転させるには

-第2話の1 物を回転させる方法には
 油圧で物を回転させる…………………………………48

-第2話の2 回転運動はオイルモータにまかせろ
 オイルモータを正しく使うために………………………52
  
-第2話の3 効率のよい回路を選ぼう
 閉回路とは? その特長と効果………………………70


第3話 物の動きを同調させるには

-第3話の1 完璧な同調は得られないのか
 油圧で同調しようとすると……………………………78

-第3話の2 油圧バルブによる同調
 流量をバランスさせればよいのだから………………80

-第3話の3 油圧アクチュエータによる同調
 同調シリンダ、オイルモータを使って………………84

-第3話の4 サーボ機構による同調
 同調もサーボにまかせなさい!………………………88


第4話 物を順次 動かすには

-第4話の1 油圧で物を順序よく動かすことは
 シーケンス動作を考える………………………………94

-第4話の2 各種スイッチと使用上の注意点 
 こまめに働く検出スイッチたち………………………97
  
-第4話の3 シーケンスバルブを使う場合の注意点
 シーケンス動作は、やはりシーケンスバルブだけど………103


第5話 非常時でも物を動かすには

-第5話の1 油圧での非常時と、その対応措置
 非常手段を考えておけば、ひとまず安心……………108

-第5話の2 蓄えたエネルギを利用して動かす
 アキュムレータとその使用法…………………………112


第6話 物の動きを止めておくには

-第6話の1 油漏れがポイントになる
 油圧機器の油漏れと物の動き…………………………124

-第6話の2 確実な停止と固定を
 ロッキング回路での注意点……………………………132


第7話 物に加える力を変えるには

-第7話の1 回路圧力を変える油圧機器
 物に加える力を変えるバルブ群………………………140

-第7話の2 バルブ故障ではない制御圧力の変動
 バルブを疑う前に回路をチェック……………………150


第8話 油圧を増幅するには

-第8話の1 低圧ポンプで高圧を得るには
 10の力で100の力を……………………………………154

-第8話の2 ショックの防止と高圧回路でのポイント 
 発生するショックの解消法……………………………162
  
-第8話の3 容量1のポンプで容量10の仕事をさせる
 小さなポンプも使いかたしだい………………………171


第9話 より小さい電動機にするためには

-第9話の1 エネルギロスを小さくする
 油圧システムの省エネルギ化………………………182

-第9話の2 むだな圧力を発生させないために
 必要な圧力だけポンプから発生させる……………187
  
-第9話の3 むだな流量を吐出させないために
 必要な油量だけポンプから吐出させる……………190

-第9話の4 省エネルギ回路の決定版
 負荷感応システム……………………………………193


第10話 油圧でのメカトロニクス化・

-第10話の1 メカトロ化の影に主役・電磁比例弁
 制御のスグレ者 電磁比例弁の特徴………………204

-第10話の2 電気と油圧の2人3脚
 広い応用例 電磁比例弁の働き………………………213


第11話 油圧でのメカトロニクス化(1)

-第11話の1 高速応答比例弁の基本
 高速応答比例弁とその応用例………………………220

-第11話の2 電子制御可変ピストンポンプ
 高精度制御ができる可変ピストンポンプ…………213


第12話 油断しないで安全対策

-第12話の1 あくまでも安全第一
 油圧における安全対策の考えかた…………………234

-第12話の2 油断は禁物、安全第一
 油圧における安全対策例……………………………239


第13話 油圧回路における圧力損失

-第13話の1 直円管による圧力損失とその計算
 油の流れかたで違う圧力損失………………………246

-第13話の2 直円管以外の管路での圧力損失とその計算
 配管の形式で違う圧力損失…………………………252

-第13話の3 油圧機器による圧力損失とその計算
 バルブやアクセサリにもある圧力損失……………256


第14話 油圧における熱収支について

-第14話の1 熱収支の考えかた
 発熱量と放熱量………………………………………270

-第14話の2 オイルクーラ・オイルヒータの利用
 よりよい油温の管理を………………………………274


第15話 よい回路を作るには

-第15話の1 機構の内部構造・特性などを知る 
 まず、油圧機器をよく知ること………………………282

-第15話の2 回路にも定石がある
 油圧回路の定石を知ること…………………………289


第16話 実際に油圧回路を作る

-第16話の1 装置の使用とアクチュエータの選定 
 設計手順のアウトライン……………………………295

-第16話の2 ポンプ・アキュムレータの選定
 流量の計算……………………………………………304

-第16話の3 電動機・タンク容量の決定
 パワー源の計算とタンク、クーラを決める……………308

-第16話の4 油圧回路・バルブサイズの決定
 油圧回路の構成と検討………………………………314

   知りたい油圧 と SI単位と重力単位について…319


一口メモ もくじ
タンコミ…?…………………………………………………34
〈ポエム〉回路を組むーそれは 豊かさへの道程…………76
チャタリング…………………………………………………83
高圧下での生卵はどうなる?………………………………87
ショックを取る………………………………………………92
作動油の色は………………………………………………102
びびり・びびる考……………………………………………106
ポンプ、電動機、タンクにさわろう!…………………………122
苦労が読めないCAD図面…………………………………131
ぎじゅつ屋考…………………………………………………137
パスカルとパンセ(瞑想録)…………………………………138
全身、すべてスケールに……………………………………170
キッカシリンダ ………………………………………………180
各制御方式のカタマリ・歯医者さんの椅子と治療台………186
〈〒〉マークは、郵便局とは限らない ………………………202
常識は 時代とともに変わるもの …………………………226
製図板とドラフターの効用 …………………………………238
デジタルとアナログ…………………………………………255
PL法…………………………………………………………268
日本語バンザイ………………………………………………292
アバウトなもの………………………………………………301
川は流れない シリンダは前進しない 電動機は回らない…307
スティックスリップ そして MMS……………………………313
滴(しずく)も溜まれば海となる………………………………334
 
   
 

▲PAGE TOP



© 2003 ジャパンマシニスト社 ALL RIGHTS RESERVED.
(株)ジャパンマシニスト社 〒160-0008 東京都新宿区三栄町9
TEL.0120-965-344 Fax.042-860-5433
jm@mbi.nifty.com