TOP > 理工書 > 詳細


   
 



2001年10月15日刊行
 
   
新・知りたい熱処理

不二越熱処理研究会
A5判/284頁/本体価格/3,000円/
ISBN4-88049-035-0

熱処理の基礎を述べると同時に、変形や割れの防止、使用目的を考えた材料・熱処理の選び方などを詳しく解説。



新・知りたい熱処理

熱処理とは

■熱処理を知る前に…………………………2
 熱処理とはなにか …………………………2
 原子の構造…………………………………2
 金属原子の結合のしかた…………………3
 金属原子の並びかた………………………4
 鉄原子の並びか……………………………5
 実際の金属の結晶…………………………7
 固溶と拡散 …………………………………9
 鋼の平衡状態図……………………………11

■鋼の熱処理による組織の変化……………15
 冷却速度による組織の変化 ………………15
 焼もどしとその組織の変化…………………19
 鋼の組織写真………………………………20
 恒温変態熱処理による組織の変化 ………21
 加工熱処理による組織の変 化……………22

■金属を強くするには………………………24
 強さということ………………………………24
 硬さということ………………………………25
 粘り強さということ …………………………27
 金属の強化法 ……………………………28
 熱処理による強化…………………………30
 加工熱処理による強化……………………31

焼入れ

■焼入れの目的 ……………………………34
 マルテンサイト化…………………………34
 溶体化……………………………………36

■焼入れのからくり………………………37
 マルテンサイトとは………………………37
 マルテンサイト変態のメカニズム………39

■恒温変態…………………………………40
 恒温変態の組織変化 ……………………40
 ベイナイト変態のメカニズム………………41

■冷却速度について ………………………43
 焼きが入るということは……………………43
 冷却速度によってどのように変わるか……44
 CCT曲線 …………………………………45
 焼入れによって得られる組織……………46

■大きなものを焼入れするには …………48
 鋼の焼入れ性……………………………48
 冷却能……………………………………50

■焼入れの実際……………………………54
 焼入れ条件の設定………………………54
 焼入れのポイント…………………………61

■熱処理変形・割れとその防止法 ………64
 熱処理変形………………………………64
 焼入れひずみを小さくし,
  焼割れを防止するポイント ……………72
 サブゼロ処理……………………………76
 サブゼロ処理の効果……………………77
 超サブゼロ処理…………………………79

焼もどし・時効

■焼もどし・時効の目的 …………………82
 炭素鋼・低合金鋼の焼もどし……………82
 二次硬化鋼の焼もどし
 (焼もどし硬化) …………………………85
 時効硬化…………………………………86

■焼もどし・時効のからくり………………87
 炭素鋼の焼もどし………………………87
 合金鋼の焼もどし………………………89
 ひずみ時効硬化 ………………………94
 ひずみ焼もどし(ストレンテンパ)………94
 析出硬化系ステンレス鋼,
   マルエージング鋼の時効硬化………95

■焼もどし操作のポイント ………………97
 焼もどしの温度と時間…………………97
 焼もどしの実際…………………………99
 低温焼もどし脆性の防ぎかた…………100
 高温焼もどし脆性
 (500℃脆性)の防ぎかた………………101

焼きならし・焼なまし

■焼ならし………………………………105
 焼ならしの目的………………………105
 焼ならしの方法………………………107

■焼なまし………………………………107
 焼なましの分類………………………107
 完全焼なまし…………………………108
 球状化焼なまし………………………110
 応力除去焼なまし……………………112
 再結晶焼なまし………………………112
 拡散焼なまし…………………………115
  
■焼ならし・焼なましで生じる
 欠陥とその防止策……………………116
 酸化と脱炭……………………………116
 炭化物の分解…………………………117
 過熱……………………………………118

使用目的を考えた熱処理の選びかた

■熱処理の目的…………………………120
■強さを増すには………………………120
  焼入れとは……………………………122
  オーステンパ…………………………123
  パテンティングとオースフォーミング………………124
  マルテンサイト組織の強さを利用するもの………126
  マルエージング処理…………………126
  溶体化処理…………………………127
■疲れ強さを高めるには………………128
■耐衝撃性を高めるには………………130
■耐摩耗性を高めるには………………132
■異常環境に耐えるには………………133

■材料の均一性,
 安定性を高めるためには………………137
 組織を平衡状態(均一)にするには……137
 内部応力を除去するには………………138
 寸法の安定性を得るには………………140
■被加工性を向上させるには……………143
 冷間加工性を高めるには………………143
 被削性を向上させるには………………146

使用目的と熱処理を考えた材料の選びかた

■焼入れ性からみた選択法………………150
 焼入れ性の表わしかた…………………150
 焼入れ性を保証した構造用鋼 …………151
 熱処理品の設計…………………………152

■引張強さからみた選択法………………163
 常温引張強さからみた選択法…………163
 高温引張強さからみた選択法…………165

■耐クリープ性からみた選択法…………166

■耐疲れ性からみた選択法……………167
■耐衝撃性からみた選択法 …………169
 硬さと衝撃値…………………………169
 偏析と衝撃値…………………………170
 不純物と衝撃値………………………171
 結晶粒度と衝撃値……………………173
 耐衝撃性に及ぼすその他の影響……174

■耐摩耗性からみた選択法……………174
 硬さと耐摩耗性………………………175
 炭化物と耐摩耗性……………………176

■そのほか 鋼材の特性からみた選択法…179
 耐候性・耐食性からみた選択法…………179
 被加工性からみた選択法…………………181
  
表面硬化処理

■表面硬化処理の種類と目的……………186
 摩耗の原因と防止法……………………187
 破壊の原因と防止法……………………189

■浸  炭…………………………………192
 浸炭とは…………………………………192
 浸炭処理の特徴…………………………193 
 浸炭量と浸炭深さ………………………193
 浸炭の方法………………………………195

■浸炭窒化………………………………205
■窒  化…………………………………206
 窒化とその特徴…………………………206
 窒化の方法 ……………………………207
  
■表面焼入れ………………………………214
 表面焼入れの特徴………………………214
 表面焼入れの種類と特徴………………216

■蒸  着 …………………………………224
 蒸着の基礎的な知識……………………224
 蒸着と真空,プラズマ……………………225
 物理蒸着…………………………………230
 化学蒸着…………………………………242
 プラズマ化学蒸着………………………246
  
■表面硬化処理からみた材料の選択法…252
 浸 炭……………………………………252
 窒 化……………………………………253
 表面焼入れ………………………………257
 物理蒸着…………………………………257
 化学蒸着…………………………………259
 
   
 

▲PAGE TOP



© 2003 ジャパンマシニスト社 ALL RIGHTS RESERVED.
(株)ジャパンマシニスト社 〒160-0008 東京都新宿区三栄町9
TEL.0120-965-344 Fax.042-860-5433
jm@mbi.nifty.com