TOP > 理工書 > 詳細


   
 



1986年10月25日刊行
 
   
知りたいFMSとMC

東芝機械マシニングセンタ研究会
A5判/352頁/本体価格/3,000円/
ISBN4-88049-059-8

マシニングセンタは解ったという方へ、より効率よく稼働させるためのポイントを快述!
FMSの要素として、マシニングセンタ(MC)を見たとき、まだまだ改良点があったことに気がつきます。MCの高効率活用のため、またFMS導入の事前知識として、必読ください。



知りたいFMSとMC

1 FMSの主役・マシニングセンタ

■工作機械の歴史とマシニングセンタ
NC機の誕生とマシニングセンタ……………14
マシニングセンタの種類と特徴……………18

■マシニングセンタの機構とその制御
マシニングセンタの機構……………………26
マシニングセンタの制御……………………35

2 マシニングセンタの無人化機能

■無人化機能とは
フィードバック機能の話……………………38

■測定の自動化
タッチセンサの登場…………………………40
タッチセンサの種類…………………………41
タッチセンサの機能…………………………44
タッチセンサの使い方………………………45

■切削トラブルの検出
なにが正常で、なにが異常なのか…………48

■熱変位の検出と自動化対策
マシニングセンタの熱変位…………………52
そのほかの自動化機能……………………54

■異常に対する判断のソフトウェア
T社のCNC装置を例にして ………………55

■どこまで進む・自動化
機械自身のトラブル診断…………………60
どこまで進む自動化………………………61

3 マシニングセンタのツーリング

■切削作業とツールシステム
フライス・エンドミル作業……………………64
ドリル作業・リーマ作業……………………66
タップ作業…………………………………68
ボーリング作業……………………………71

■TMTツールシステム
TMTツールシステムとは…………………73
フライスアーバ……………………………77
各種ホルダ…………………………………79
ボーリングバー……………………………87

■その他のツールシステムとアタッチメントツール
組付け式ツールシステム…………………93
アタッチメントツール………………………95

4 マシニングセンタの取付具

■位置決めと締付け
ワークの基準と位置決め……………………102
ワークの締付け………………………………108

■取付具の方式と実際例
取付具の条件と、方式決定の前に…………115
汎用取付具……………………………………118
専用取付具……………………………………121
その他の取付具………………………………123
取付具の自動化………………………………125

■機械・工具との関係
取付具と使用機械の適合性…………………129
取付具と工具の適合性………………………137

5 プログラミングと前準備

■機械に関する前準備
加工プロセスの知識…………………………140
マシニングセンタの適合ワーク………………144
マシニングレイアウトの作成…………………147

■工具・刃具に関する前準備
ツールカードの作成…………………………156
ツールプリセット作業………………………163

■プログラムとNC機能の知識
機械の座標軸と座標系………………………165
NC機能………………………………………166
NC装置………………………………………170
NC機の周辺機器……………………………172

■プログラムの実際
マニュアルプログラム………………………175
自動プログラム………………………………181
自動プログラムとマニュアル………………182

6 加工精度工場のポイント

■高精度を支えるもの
加工精度の要因………………………………186
基本が基本……………………………………187
観察し、分析する……………………………190
現代の名工となるために……………………193

■加工精度のいろいろ
加工精度といってもいろいろある……………195
特に表面粗さを中心にして…………………198

■ターン加工と加工精度
ターン加工での位置決め……………………203
ターン加工でのB軸精度……………………207
ターン加工での真直度とツール……………209

■さらに高加工度を求めて
穴位置精度を向上させる……………………212
温度管理と加工精度…………………………215
取付け精度と加工精度………………………219
加工精度向上のためのアドバイス…………222

7 能率向上のポイント

四角能率向上をはかる前に
能率とは………………………………………228
標準化のすすめ………………………………231

■基準・標準作り
標準化の具体例………………………………233

■能率向上のナイン
9項目のポイント………………………………237
設計図面………………………………………238
素材の条件とワークの前加工………………242
工具・刃具の選択……………………………244
加工方法・切削回数と能率向上……………246
切削諸元と能率向上…………………………249
取りしろと能率向上…………………………251
段取りと能率向上……………………………253
プログラミングと能率向上……………………256
機械設備と能率向上…………………………257

8 無人切削加工のポイント

■安定した切削の条件
安定した切削とは……………………………262
ワークでの条件………………………………263
取付具の条件…………………………………264
工具・刃具の条件……………………………266
機械の条件……………………………………269

■無人加工での切削条件
切削諸元………………………………………271

■無人加工での加工方法
安定した加工方法……………………………274

■無人加工と切削剤
切削剤…………………………………………280
無人切削加工と切削剤………………………281

■なによりも安全に
無人加工での事故への対応…………………285

■無人加工とメンテナンス
メンテナンスのポイント………………………289

9 FMSの実際

■FMS導入物語……………………………296

■FMSとその形式
FMSとはなんだろう…………………………313
FMSの形式…………………………………315

■FMSを効果的に稼働するために
導入に当たっての基本的考えかた…………325
対象ワークの図面検討の重要さ……………328
FMS機種の選定について…………………334
オペレータの選定……………………………336
取付具・刃具・切削剤・メンテナンスについて…337

■FMSシミュレータ
FMSの動きをアニメーションで見る………339

■FMSにおける無人運転性評価
評価基準と評価項目…………………………344
 
   
 

▲PAGE TOP



© 2003 ジャパンマシニスト社 ALL RIGHTS RESERVED.
(株)ジャパンマシニスト社 〒160-0008 東京都新宿区三栄町9
TEL.0120-965-344 Fax.042-860-5433
jm@mbi.nifty.com