TOP > 理工書 > 詳細


   
 



1982年4月15日刊行
 
   
知りたいマシニングセンタ

東芝機械マシニングセンタ研究会
A5判/336頁/本体価格/2,718円/
ISBN4-88049-055-5

第一線の技術者が、実際にマシニングセンタを効果的に使用したユーザーの立場から詳述。
マシニングセンタの導入を考えている方、実際に使用しているオペレータ、プログラマ、生産技術者をはじめ、工作機械に関わりのある方、必読の書。



知りたいマシニングセンタ

1 マシニングセンタとは

■マシニングセンタのおいたち
なぜ、マシニングセンタは生まれたか…………12
マシニングセンタの成長過程…………………14
マシニングセンタの定義………………………18

■マシニングセンタの種類
立形マシニングセンタ…………………………20
横形マシニングセンタ…………………………26
大型マシニングセンタ…………………………37
施削可能形マシニングセンタ…………………41
マシニングセンタを中心としたシステム………45

2 マシニングセンタを構成する要素

■マシニングセンタのメカニズム
スピンドル………………………………………50
テーブル…………………………………………51
送り機構…………………………………………53
ATC(自動工具交換装置)………………………61
パレットチェンジャ………………………………65
マシニングセンタの熱変位………………………66
マシニングセンタのNC…………………………68
マシニングセンタの周辺機器……………………76
マシニングセンタの将来…………………………80

3 加工前準備

■マシニングセンタ加工への適応
加工プロセス……………………………………86
マシニングセンタの適合ワーク…………………89
人の役割…………………………………………91

■標準・基準作り
標準・基準の必要性と項目………………………94
標準化の具体例…………………………………95

■マシニングレイアウトとツールカードの作成
マシニングレイアウトの作成……………………99
ツールカードの作成……………………………108

■ツールプリセット作業
ツールプリセットとは……………………………117

4 段取り

■基準のとりかた
ワーク基準面の設定……………………………122
穴基準のワーク…………………………………128
テーブル側の基準………………………………131
基準片ヘのセット ………………………………134

■締付け・取付け作業
締付け作業の実際………………………………139
取付け具の具体例………………………………144
ユニバーサルフィクスチャ………………………149

5 マニシングセンタの運転

■NCテープの基準
機械の座標軸と座標系…………………………154
NCテープ………………………………………156
NC機能…………………………………………163

■プログラムの実際
マニュアルプログラム…………………………167
自動プログラム…………………………………174

■さあ、運転という前に
テープチェック…………………………………182
運転準備………………………………………185
プルーブアウト…………………………………188

6 切削の基本知識

■切削と切削工具の一般知識
切削諸元…………………………………………192
正面フライス作業………………………………196
中ぐり作業………………………………………199
エンドミル作業 …………………………………201
ドリル作業………………………………………204
タップ立て、ねじ加エ……………………………206

7 マシニングセンタの稼動

■マシニングセンタの稼動例
小形ワークの多数個取りの加エ………………210
板ものの加工と取付け具の工夫………………215
歯車箱の加工……………………………………218
アルミ合金の量産部品の加工精度……………220
人工衛星部品の加エ……………………………222

■大形・旋削可能形マシニングセンタ
大形マシニングセンタ……………………………230
大形マシニングセンタによる加工例……………235
旋削可能形マシニングセンタとその加工例……239

■能率向上と工数見積り
能率向上をはかるために………………………242
工数見積り………………………………………249

8 自由曲面の加エ

■同時5軸制御NC工作機械 
なぜ,同時5軸制御機か?………………………256

■NC曲面加工用ソフトウェア
NC自動プログラミングシステム ………………261
NC自動プログラミングシステムの基本的な考えかた……262
NCテープ作成用パートプログラム……………266
同時多軸制御用ポストプロセッサ ……………276

■実際の加工のために
加工のための検討事項…………………………278
実際の加工順序…………………………………283

9 マシニングセンタのツーリング

■マシニングセンタのツーリング
アーバとホルダ…………………………………289
ボ一リングバー…………………………………297
アタッチメントツール……………………………303

10 マシニングセンタの精度管理

■マシニングセンタの精度管理
ホームポジションの確認(横形マシニングセンタ)………308

〈付録〉…………………………………………317
 1 マシニングセンタ・NC用語………………317
 2 マシニングセンタの切削諸元……………323

一ロメモ・もくじ
 マシニングセンタの進歩………………………19
 いんろう………………………………………40
 MC(1)………………………………………48
 MC(2)………………………………………64
 メカトロニクス…………………………………75
 FMSとするために……………………………83
 橋本さんとNC機の出会い……………………84
 アメリカン・パワー……………………………116
 備えあれぱ憂いなし…………………………138
 ATCといっても………………………………147
 いくつ正解できますか?……………………151
 マシニングセンタの暴走と暴走族……………152
 初期のマシニングセンタを見たときに ………152
 これ、ナニ語?………………………………173
 いくつ正解できますか?の答………………173
 超高精度フライス削り………………………219
 衛星打上げまでのこと………………………229
 日本の宇宙開発 ……………………………232
 日本におけるマシニングセンタメー力………234
 大きな数・小さな数……………………………241
 経済的な切削速度……………………………260
 ロボット、ド・ロボーティ!、ドロボー!………275
 現代の名工・プログラマ………………………285
 空間におけるベクトル…………………………286
 入魂とマシニングセンタ………………………315
 面粗さを高めるには…………………………316
 円切削における切削角度…………………見返し
 
   
 

▲PAGE TOP



© 2003 ジャパンマシニスト社 ALL RIGHTS RESERVED.
(株)ジャパンマシニスト社 〒160-0008 東京都新宿区三栄町9
TEL.0120-965-344 Fax.042-860-5433
jm@mbi.nifty.com