TOP 単行本 > 詳細


   
 




2008年10月25日刊行
 
   
孫をめぐるおとなの作法


毛利子来 著
四六判並製/160頁/本体価格1,200円/
ISBN978-4-88049-184-4




『ち・お』でおなじみ、と言うより、子育てママのアイドル“たぬき先生”の最新刊です! 子どもは周りにいる沢山の大人と接して育つもの「じいじ」と「ばあば」はその中での最も身近な存在。身近なだけにその関係はむずかしい…。そんなときに!

 ちょっぴり恥ずかしい気がしています。
 書名からして、「作法」などと、古風で偉そう。はじめは「心得」なんて書名も考えたのだけれど、あまりに説教じみているので、実際上のワザという意味を込めて、「作法」にしたのでしたが。
 内容も、いかにも訳知りみたい。とりわけ「相談編」では、高みに立った回答をしてしまったようで、厚かましいとは思いますが。
 (中略)
 ただ、孫をめぐる人間の関係は複雑。ぼくの体験だけでは手が届きそうにありません。そこで、ジャパンマシニスト社に頼んで、さまざまなケースを集めてもらいました。その苦労とアンケートに答えてくださった方々に感謝しています。
 また、ぼくの考えを補うために、対談の場を設けさせてもらいました。それに快く応じてくださった岡崎勝さん、須田靖子さん、湯浅欽史さんにも感謝しなければなりません。
 なお、二章の「うまくやる知恵とわざ」は、朝日新聞全国版に、二〇〇七年の七月一日から九月九日まで連載したものです。

(二〇〇八年一〇月  毛利子来 あとがき より)


もくじ

はじめに

1章 うちあけ話―毛利さんちの場合 
長女は「超遠距離型」
次女は「通い型」

2章 うまくやる知恵とわざ
1 変わる親子の関係

2 年寄りの良さ

3 体験と知恵を大切に

4 育てかたちがってよい

5 ルールを決めておく

6 責任にとらわれない

7 人生をバトンタッチ


3章 実際問題―こんなとき、どうしたら?
●母親から
Q1 じいじが「教育熱心、学力第一」

Q2 孫誕生にお祝いなしのばあば!?

Q3 とにかく孫に甘すぎ、です

Q4 叱るな、というばあば

Q5 産後、神経質になっていた私への攻撃

Q6 義母の・大きな貼り紙・と親類の嫌味

Q7 母と夫の間に入って気をつかいます

Q8 下の子をネコかわいがり

Q9 里帰り出産で互いに負担

Q10 孫の面倒をぜんぜんみない夫の両親

Q11 義父母に失礼にならない伝え方は?

Q12 義父母の関係が悪く悩んでいます

●父親から
Q13 妻と自分の親との仲が悪い

Q14 父はせっかち、妻はのんびり……

Q15 世代間のギャップ、どう埋める?

Q16 子が成長し、祖父母と話さない

●祖父母から
Q17 娘の子育てのしかたが気になる

Q18 息子夫婦に信念をもってほしい

Q19 孫にきちんと挨拶をさせたい

Q20 孫の世話、負担が大きい


4章 辛口ばあば・じいじ語り合う
●孫・夫婦・祖父母は三角関係で 岡崎勝
-娘を泣かせて、反省

-「外孫」「内孫」って?

-子どもは生活のリズムを作ってくれる

最後は夫婦で、が基本


●自信のないばあば、ちゃっかりママ 須田靖子
-孫のお迎え片道一時間

-保健師という立場から反省したこと

-「四分の一」の孫


●三世代が家族を見直す時間 湯浅鉄史
-ランドセル……ぼくは代金を払うだけ

-材料費にはビール付き

-”楽々子育て”で失うものは?


あとがき





 
   
 

▲PAGE TOP







© 2003 ジャパンマシニスト社 ALL RIGHTS RESERVED.
(株)ジャパンマシニスト社 〒160-0008 東京都新宿区三栄町9
TEL.0120-965-344 Fax.042-860-5433
jm@mbi.nifty.com