TOP 単行本 > 詳細


   
 




2012年8月10日刊行
 
   
子どもたちにつなぐ
みんなの食べ方じてん


富山洋子 著
A5判・並製/176頁/本体価格1,500円/
ISBN978-4-88049-193-6




放射能汚染が深刻化する今、
多くの人が不安をぬぐえずにいます。
しかし「食」の問題はそればかりではありません。
遺伝子組み換え食品、食品添加物、
大量の輸入食品、反面で多くの廃棄食品の発生……。

「食べる」とは風土のめぐみと生産者の知恵をまるごといただくこと。
大きくゆがめられてしまった「食」の状況を変えていきたい。
日本消費者連盟の元代表運営委員であった著者は、
「インスタントラーメンから原発まで」をテーマに消費者運動を展開。
1970年代には「電気料金不払い運動」にも取組んできました。

台所での知恵と工夫、そして、危険を見分ける目。
いま、何を、どう食べたらいいのでしょう?

基本的な食材の選び方、さまざまな「食」の問題点をやさしく解説。
子どもたちに安全な食べものを選ぶために、
生産者の努力を支えるために、
すべての生きものと地球の未来をおびやかさない食べ方をするために、
ぜひご活用ください。




目次

7 洋子さんの台所
14 洋子さんへの22の質問
17 はじめに ― いま、何を、どう食べたらいいのでしょう


第1章日々の食材選びはこのように

22 みず     いのちのみなもと・水をいつくしんで使うには
26 主食     お天道さまと米の飯はついて回る
30 やさい    大地からのたまわりものは「旬産旬消」を
34 にく     いのちを守り、はぐくむ畜産をとりもどしたい
38 さかな    守りたい、秋刀魚を味わうあの幸せ
42 たまご    食卓をにぎやかにしてくれる鶏からの贈りもの
46 牛乳・乳製品 安心して飲める牛乳を手に入れるには
50 豆腐     水の美味しい土地は豆腐も美味しい
54 肉・魚加工品 できるだけ手づくり保存食に変えていきたい
58 おかし    お菓子には「平和」がよく似合う
62 のみもの   お出かけのお供にはぜひ、ほうじ茶を
66 くだもの   果物こそ、旬の国内産を求めましょう
70 油      なんといっても遺伝子組み換え作物に注意
74 調味料    少し気張って本物を大切に使いたい
78 だし     吸い物がほめられたときのうれしさ
82 乾物     命の糧が凝縮したすぐれものの食品たち

第2章伝えておきたい食べものの危険性

111 食品添加物のはなし
114 食品表示の見方
118 極力さけたい食品添加物
138 できればさけたい食品添加物
150 遺伝子組み換え作物・食品のはなし
155 放射能汚染のはなし
158 照射食品のはなし
160 農薬のはなし
162 ダイオキシンのはなし
164 (番外編)食器、台所用品、台所家電のはなし


168 おわりに
174 参考文献



 
   
 

▲PAGE TOP







© 2003 ジャパンマシニスト社 ALL RIGHTS RESERVED.
(株)ジャパンマシニスト社 〒160-0008 東京都新宿区三栄町9
TEL.0120-965-344 Fax.042-860-5433
jm@mbi.nifty.com