TOP 単行本 > 詳細


   
 




2015年1月25日刊行
 
   
新・予防接種へ行く前に 改訂新装版


ワクチントーク全国 編
新書判・並製/184頁/本体価格1,200円/
ISBN978-4-88049-320-6




すすめられるまま接種をすると
1歳までに約15回! 
小学校入学までに約40回!!

ヒブ、肺炎球菌、子宮頸がん、水ぼうそう……
定期接種導入で、予防接種はさらに多数・複雑に。
接種はますます過密なスケジュールとなり、
同時接種がすすめられ、
混合ワクチンの開発が加速しています。

ワクチンには効果も副作用もある。
添加物もたくさん使われている。
体への影響が解明されていないものも多い。
大人になるころ、効果が切れることもある。
だから、どうか、接種を急がないで。

こどもにすすめられる13のワクチンを、
医師や研究者が徹底チェック。
必要性を見きわめるための一冊です。




もくじ

連載
3

はじめに

6

受ける側と受けさせる側との考え方のちがい


第1章 うつる病気とワクチンとこども
14


赤ちゃんへの接種、あせらないで


第2章 ワクチン別アドバイス
40

{4種混合(DPT + IPV)}

必要性が高いのは破傷風単独だけなの?

50

{BCG( 結核)}

生後6ヶ月をすぎたら必要ない?

57

{ MR(麻しん・風しん)}

単独接種でも? 大人になってからの判断でも?

69

{日本脳炎}

受けないほうがずっと安全?

81

{ヒブ(Hib、b型インフルエンザ菌)}

ほとんどがいつのまにかかかって軽くすむ?

88

{肺炎球菌(乳幼児用)}

「常在菌」排除のデメリットとは?

97

{子宮頸がん(HPV)}

ワクチンで防げる型はかぎられている?

108


{水ぼうそう(水痘)}

みんなに必要なワクチンではない?

112

{ロタ}

ワクチンより水分補給と食事に注目?

118

{インフルエンザ}

こどもに重い副作用はでてないの?

131

{おたふくかぜ}

幼いころの自然感染はラッキー?

137

{B型肝炎}

家族がキャリアかで判断していい?

141

{A型肝炎}

こどもは軽い症状? メリットは少ない?

147

同時接種、混合接種……

一つひとつは“微量”でも


第3章 副作用かな、と思ったら
154

医師の受診から被害届けまでのポイント

169

「ワクチンで防げる病気はワクチンを」で失うもの


【コラム】
34

ワクチン産業は巨大な市場

66

ふつう目線だからこそ“慎重派”

78

学校からのお知らせ、こどものため?

95

肺炎球菌、お年寄りもターゲットに

107

子宮頸がん定期接種の中止を!

129

タミフル、イナビル……注意!

135

接種中止のタイミングは何度もあった

144

気持ちの伝え方・接種の断り方

162

副作用被害にあうということ

180

予防接種を受ける身になって

相談にのってくれるところ

181

予防接種を考えるときに参考になる本




 
   
 

▲PAGE TOP







© 2003 ジャパンマシニスト社 ALL RIGHTS RESERVED.
(株)ジャパンマシニスト社 〒160-0008 東京都新宿区三栄町9
TEL.0120-965-344 Fax.042-860-5433
jm@mbi.nifty.com