TOP > 理工書 > 詳細


   
 



1977年10月20日刊行 (2001年7月1日改訂)
 
   
工作マニアル/基礎編新装版

工作マニアル編集委員会編
B6判/272頁/本体価格/2,400円/
ISBN4-88049-020-2

どんな加工にも必要な基礎データ集。
現場作業者に必要な工作の基礎データを、20数社の現場指導者が厳選して収録。



工作マニュアル 基礎編新装版

<<数表と数式>>

数の2乗、3乗、平方根、逆数…………………………8
対数表…………………………………………………12

三角関数表
  sin …………………………………………………14
  cos …………………………………………………16
  tan …………………………………………………18

単位の定義
  SI単位………………………………………………20
  各種単位……………………………………………21
10の整数乗倍を表わす接頭語 ………………………23

単位換算表
  長さ、面積……………………………………………24
  体積、質量、圧力仕事………………………………25
  工率、動力、角度、速度と角速度、粘度、温度……26
元素記号と原子量………………………………………27
単金属の物理的性質…………………………………28
ギリシャ文字……………………………………………29
数学記号………………………………………………30
面積の求めかた………………………………………34
体積の求めかた………………………………………35
おもな数学公式………………………………………36
数値の丸めかた………………………………………37

実用計算式
  各種作業共通………………………………………38
  旋盤作業……………………………………………38
  ボール盤作業………………………………………40
  フライス盤作業………………………………………41
  フライス盤の割出し作業……………………………42
  形削り盤作業………………………………………42
  ホブ盤作業…………………………………………43
  ホーニング盤作業…………………………………43
  刃具の再研削作業…………………………………43
  プレス作業…………………………………………44
  工作測定作業………………………………………45
  電気…………………………………………………46
  油圧・空圧……………………………………………46
  品質管理……………………………………………46


<<機械要素>>

ねじ
  ねじの原理と用語……………………………………50
  ねじの表示法…………………………………………51
  ねじにおける公式と計算式……………………………52
  ねじ山の種類と用途…………………………………53
  ねじの規格……………………………………………55
   
ボルト・ナット
  ボルト・ナットの種類と呼びかた……………………69
  ボルトの種類と用途…………………………………69
  ナットの種類と用途…………………………………71
  ねじのゆるみ止め……………………………………77

小ねじおよび特殊ねじ
  小ねじ…………………………………………………78
  特殊ねじ………………………………………………80

座金
  座金の種類……………………………………………81
  平座金…………………………………………………81
  ばね座金………………………………………………83


  軸の直径………………………………………………84
  回転軸の高さ…………………………………………84
  軸の分類………………………………………………85
  軸の材料………………………………………………85
  軸端……………………………………………………85

ピン、コッタ、リベット………………………………………88

キー
  キーの種類と用途……………………………………89
  キーに関する実用計算式……………………………90

角形スプライン……………………………………………90
インボリュートセレーション
  構成の基本要素………………………………………91
  歯の基本形状…………………………………………91
  各部の寸法および寸法差……………………………92

インボリュートスプライン
  基準圧力角20°………………………………………96

軸継手
  軸継手の種類と用途…………………………………99
   
軸受
  ころがり軸受の種類と形式………………………… 101
  玉軸受ところ軸受の一般的特性の比較……………102
  ころがり軸受の特性の比較………………………… 102
  使用状況による軸受の選定………………………… 103
  すべり軸受の種類と用途…………………………… 103
  特殊軸受………………………………………………104

歯車
  歯車各部の名称……………………………………… 105
  標準歯車の計算式…………………………………… 106
  歯形…………………………………………………… 106
  歯車の種類と用途…………………………………… 107

伝動装置
  ベルト伝動…………………………………………… 109
  チェーン伝動………………………………………… 110

ばね
  ばねの種類と用途…………………………………… 110

カム
  カムの種類と用途…………………………………… 111

密封装置
  密封装置の種類……………………………………… 113
   

<<材料力学>>

荷重
  荷重の表わしかた…………………………………… 116
  荷重の分類…………………………………………… 116

応力
  応力の概念…………………………………………… 117
  曲げモーメントと曲げ応力…………………………… 118
  いろいろな応力の作用……………………………… 120

ひずみ
  ひずみの種類………………………………………… 121
  ひずみの表わしかた………………………………… 121

弾性限度、降伏点、極限強さ
  応力−ひずみ線図…………………………………… 121
  弾性限度……………………………………………… 122
  降伏点………………………………………………… 123
  極限強さ(引張り強さ)………………………………… 123

許容応力と安全率
  材料の疲れ…………………………………………… 123
  許容応力……………………………………………… 123
  安全率………………………………………………… 124

応力集中
  切欠きみぞの応力集中……………………………… 124
  穴・段付き部の応力集中…………………………… 124

はりの強さ
  はりの種類…………………………………………… 125
  はりの図表…………………………………………… 126
  断面二次モーメント ………………………………… 129

ねじり
  丸棒と中実軸のねじり……………………………… 133
  各種断面の軸のねじり……………………………… 133

ばね
  ばねの形状、応力、荷重…………………………… 134

金属材料の試験法
  引張り試験………………………………………… 135
  硬さ試験…………………………………………… 135
  粘り強さの試験…………………………………… 138
  その他の試験法…………………………………… 138
  非破壊試験法……………………………………… 139


<<材料>>

鉄鋼材料
  JISによる鉄鋼の種類と記号…………………… 144
  鉄鋼材料の適用例(材料から)………………… 147
  鉄鋼材料の適用例(部品から)………………… 150
  鉄鋼材料の選びかた)…………………………… 155
  炭素鋼と炭素量………………………………… 160
  一般構造用圧延鋼材…………………………… 162
  溶接構造用圧延鋼材…………………………… 163
  ボイラおよび圧力容器用炭素鋼鋼材…………… 165
  高耐候性圧延鋼材……………………………… 167
  機械構造用炭素鋼鋼材………………………… 168
  合金鋼…………………………………………… 172
  クロム鋼鋼材…………………………………… 174
  クロムモリブデン鋼鋼材………………………… 175
  特徴と用途……………………………………… 176
  ニッケルクロム鋼鋼材…………………………… 177
  ニッケルクロムモリブデン鋼鋼材………………… 178
  アルミニウムクロムモリブデン鋼鋼材…………… 181
  マンガン鋼鋼材およびマンガンクロム鋼鋼材…… 182
  焼入れ性を保証した構造用鋼鋼材(H鋼)……… 182
  炭素工具鋼鋼材………………………………… 190
  合金工具鋼鋼材………………………………… 191
  高速度工具鋼鋼材……………………………… 194
  ばね鋼鋼材……………………………………… 198
  ステンレス鋼鋼材 ……………………………… 199
  炭素鋼鍛鋼品…………………………………… 201
  高温圧力用器部品用ステンレス鋼鍛鋼品……… 205
  クロムモリブデン鋼鍛鋼品……………………… 206
  炭素鋼鋳鋼品…………………………………… 207
  溶接構造用鋳鋼品……………………………… 207
  低合金鋼鋳鋼品………………………………… 208
  ステンレス鋼鋳鋼品 …………………………… 210
  高マンガン鋼鋳鋼品 …………………………… 211
  ねずみ鋳鉄品…………………………………… 211
  球状黒鉛鋳鉄品………………………………… 212
  黒心可鍛鋳鉄品………………………………… 212
  白心可鍛鋳鉄品………………………………… 213
  熱処理の基礎…………………………………… 214

非鉄金属
  単金属…………………………………………… 218
  銅合金…………………………………………… 220
  アルミニウム合金 ……………………………… 223
  可溶合金………………………………………… 226
  超硬合金………………………………………… 227

非金属材料………………………………………… 228


<<製図>>

投影法…………………………………………… 232
線の用法………………………………………… 234
用紙の大きさ…………………………………… 235
作図法一般
  補助投影図・局部投影図 ………………… 235
  回転図、展開図、簡略慣用図 …………… 236
  省略図示法………………………………… 237
断面図…………………………………………… 237
寸法記入法……………………………………… 238
各種部品の図示法
  ねじの製図法……………………………… 242
  歯車の製図法……………………………… 245
  ばねの製図法……………………………… 247
表面の粗さ・面の肌の図示方法
  表面粗さ…………………………………… 249
  表面粗さの種類及び標準値……………… 249
  面の肌の図示方法………………………… 249
はめあい方式
  用語の意味………………………………… 253
  はめあいの種類…………………………… 253
  すきま、しめしろ…………………………… 254
  基準寸法の区分と等級…………………… 255
  常用する穴基準はめあい………………… 255
溶接記号……………………………………… 258

メモ……………………………………………… 261
 
   
 

▲PAGE TOP



© 2003 ジャパンマシニスト社 ALL RIGHTS RESERVED.
(株)ジャパンマシニスト社 〒160-0008 東京都新宿区三栄町9
TEL.0120-965-344 Fax.042-860-5433
jm@mbi.nifty.com