TOP「ち・お」ブックレットバックナンバー > 詳細

  「予防接種」「食」など、ひとつのテーマについてじっくり、わかりやすく解説。「ぶ厚い専門書は読みづらい。でも、くわしい情報がほしい」という方におすすめのハンディサイズブックです。


   
 
 


1995年11月25日刊行 
   
ちいさい・おおきい・よわい・つよい[ブックレット]

親子で読もうよ「子どもの権利条約」
A5判/72頁/本体価格700円/ISBN4-88049-302-3
◆No.2/特集

(担当/矢倉久泰(協力/新潟県・マザーグース))



はじめに ---- 6
●親としてどうしたらよいのか

第一部 「学校は楽しいもの。楽しい学校にしよう」より
子どものための憲法だね ---- 8
●このきまりにしたがっておとなががんばるんだ ●「子どもにわかるように知らせなさい」

「人権」ってむずかしいけどね…… ---- 13
●子どもはのけ者じゃないよ ●自分がいやだなあと思うこと、相手がいやがること ●ちがいを認めあうこと

あしたからどうしようか ---- 17
●遠足も運動会も校則も、自分の意見をいう権利 ●親だって子どもの日記を見ちゃいけない ●十分遊んでる? ●学校は先生のものじゃない

第二部 「わが子とともに『子どもの権利条約』を知ろう」より
子ども観を180度転換しよう ---- 22
●家族、学校の憲法でもある ●おとなと同じ市民的自由と権利をもつ ●「おしりをつつかれるようなおもい」 ●最善の利益をもたらすんだろうか

意見表明権と自己決定権 ---- 27
●政府訳では意味がよくわからない ●「児童」か「子ども」か
●赤ん坊も意思を表明している ●子どものことは子どもにたずねる

表現・結社の自由とプライバシーの権利 ---- 34
●学校新聞を検閲する教師 ●プライバシー……手紙も持ち物もこども部屋も

虐待・放任の禁止と障害のある子の権利 ---- 38
●体罰という名の暴力 ●差別はいけないから一緒に過ごす

学ぶ権利、教育の目的、そして休む権利 ---- 42
●人権・民族・宗教の教育 ●アメリカ文化からアジアへ ●戦争をする気持ち ●もっと「ゆっくりぼや〜っ」と ●家庭で、生徒会で、PTAで批准する

主催者からの質問に答えて
先生の人権侵害といじめ ---- 49
●先生に誠意がない場合 ●親自身が正義感をもって生きていく

会場の質問に答えて
親の責任とは ---- 53
●子どもに「校則はイヤ」といわれたら ●障害のある子の教育状況は変わる? ●自立と自律の子育て

交流会にて
子どもが権利を主張したとき ---- 60
●権利を認識するところからはじまる ●権利ばかり主張されたらどうしよう ●徹底して自分の権利をわからせたい ●親は親としていったほうがいい

あとがき ---- 68
●人権侵害に苦しむ子どもたちを救う力に
 
   
 

▲PAGE TOP




© 2003 ジャパンマシニスト社 ALL RIGHTS RESERVED.
(株)ジャパンマシニスト社 〒160-0008 東京都新宿区三栄町9
TEL.0120-965-344 Fax.042-860-5433
jm@mbi.nifty.com